前日へ 一覧へ ブログへ 翌日へ
四国お遍路 第4弾 高知県    2015.9.21〜26 
27番の神峯寺から28番までの間、42キロある。一日では行けない距離だった。
私たちは一旦東京に戻って昨日から第4回目のお遍路旅を再開した。
前回安芸駅まで18キロ歩いて,そこに自転車を預けた。
昨日自転車と走りで20キロほど動いたので、第28番:大日寺まではあと2キロ。

黒潮温泉で朝ごはんを食べて出発。温泉のお姉さんが見送ってくれた。
彼女は昨晩、私に「敬老」の記念品をくれた。でも奥さんはもらえなかった。
奥さんいわく「喜んでいいのか?」  でも実質を選んで、記念品を後からもらいました。
さて出発。龍馬に見送られて ・・・川、に沿って2キロほど行く。香美市役所前!
市道から急な登り。上には車の道があったのに 第28番、本堂前。石段は続いている。
第28番 大日寺  
 大師堂:札所小僧がいないな! 立派な本堂:奥の院には爪掘り薬師があるそうだ。


第29番 国分寺

第28番の大日寺からは戸板島橋(地図は間違い)で物部(ものべ)川を渡って土佐山田町の畑や田んぼの間を進む。畑にはジンジャーがあった。ショウガは高知県の名産品。土讃線をわたり195号国道を渡ると国分(こくぶ)川。土手をしばらく行くとお地蔵さんがあり、田んぼの向こうに第29番の国分寺が見える。聖武天皇が全国に作った国分寺の跡に建てられたもので、大昔の国分寺とは直接の関係はない。
「ものべ」川と読む。
橋を渡ったところ。お遍路さん風になったかな?mukasino
 ジンジャ―ではなくおくらの畑 休憩所:暑いのでかなり疲れた。
 お地蔵さんの向こうに国分寺  四国の道と遍路道は違うので苦労する!
 十が二つで二十。達筆だなぁ  風情のある本堂
 大師堂だったかな?  白いハギは珍しいかな?秋の気配!

■この寺で、自撮り棒を使って二人の写真を撮ろうとしたが、キチンと差し込まれていなかったので、
撮る瞬間にころっと落ちてしまった。ふだんは予備のカメラを持っているのに今回はこれ一つ。
ということで、以降の写真は、パソコンで撮ることになった。
第30番 善楽寺
第29番の国分寺を出るとすぐに田んぼの中の道になる。自転車を押すのはけっこう大変。国道32号線の岡豊(おこう)橋の手前で国道をくぐり川沿いの舗装路をいく。お昼も過ぎてお腹がすいてくる。奥さんの怒りはそろそろ爆発しそうなので、小蓮橋(上の地図の右端)の先の高知大の病院行ってみる。きっと中には食堂があるだろうと見当をつけたら、コンビニがあり、無事コンビニご飯で昼食をすます。朝から前後している歩き遍路さんも入って来た。小山橋(地図の□)を越えて蒲原〒から山道に入る。遍路小屋では何人かの歩き遍路が休んでいる。自転車はちょっと気が引けるので、そのまま逢坂峠に向かう。国道をしばらく下ると土佐国分寺の看板が見える。第30番善楽寺はその境内にあるし、歩き遍路は皆そっちに入ったので、後に続こうかと思ったら、散歩中のおばちゃんんが、「近い道があるよ!」と教えてくれた。疲れた足にはありがたかった。ということで、29番から30番の道中の写真はなし。以下はパソコンを広げて撮ったもので、やはりカメラとは違う。画素数が違うのかな??
一宮百々山(どどざん):善楽寺  右側の柱:四国三十番霊場a  
善楽寺本堂  善楽寺:大師堂 
お不動さん:本堂前  仏足石:お釈迦さんの足裏 

土佐一宮 高鴨明神 
 
こっちの神社の方が本家で、寺は別当寺だった  神社の方がおごそかな感じがするなぁ 
鐘楼  仁王門の後ろは長い参道!
 本日はこれで終了。
黒潮温泉から第28番:大日寺までは  2キロ  40分・・・・・・・・ 1時間
大日寺〜第29番:国分寺まで      9キロ  2時間30分・・・・3時間30分
国分寺から第30番:善楽寺まで     7キロ  2時間・・・・・・・ 3時間30分
善楽寺〜土佐一宮駅           2キロ   30分・・・・・・・・1時間(ここから高知駅まで列車:私は自転車で30分)
我が家の歩き時間・・・・・・・・・・・・・・・20キロ  ・・・・・・・・・・・・9時間(疲れた!)
宿泊は高知駅前のコンフォートホテル: 二人で 9000円 朝食付き  
目の前のケーズデンキでデジカメを買った。   9600円
前日へ 一覧へ ブログへ 翌日へ