前へ 札所一覧 HPへ 次へ
 第2回目の遍路旅は、前回終了した第19番の立江寺から始めた。今回は大型連休のさなかだったので、列車やバスのチケット、宿の心配があったが、この時期にお遍路に来る人は少ないのか? 宿も乗り物もスムースだった。遍路道は上の写真のように、だれも歩いていない。2日目、3日目は札所以外ではまったく人に会わなかった。札所に来る人はほとんど全部、バスや自家用車での遍路らしい。
 鮒の里のご主人の話では、遍路さんは年間30万人、そのうち歩く遍路は3千人だという。我らみたいな歩き遍路は1%にしかならないようだ。どうりで人に会わないし、お寺でもあまり相手にしてもらえない。今の時代、ビッグデータからみれば、費用対効果では歩いている人など数のうちに入らないのだろう。
 まあそんなにいじけないで、自分で楽しみながら歩いてみよう。

■ 新幹線の新神戸からバスで淡路島を越えて徳島に向かいました。バスの時間が30分後だったので駅の周りを散策しましたが、こんなところに渓谷や滝があるとは知りませんでした。
■新神戸の駅は六甲山に並行して作られているのですが、六甲山のふもとは断層だらけ。断層に沿って渓谷ができ、横切るところに滝ができています。阪神淡路大震災の時に、この断層は動かなかったのですが、いつ動くかは不明。なんかかなり危ういところに駅を作ったものだ。JRの技術を信じろということなのだろう。
■福島の東電の原発の霊を見ても、現代技術をそれほど信頼してはいけないのだが・・・・
立派な滝ですが、新神戸駅のすぐ裏です。  右上の黒いところが新幹線のホームです。

 バスはちょっと遅れただけで、徳島駅に到着。13時12分発の阿南行きの牟岐線にのり、前回終了した立江駅に到着。再び立江寺に詣でて、赤い橋を渡って民宿「鮒の里」に寄る。この宿に2泊する予定だ。
連休の混雑でも13時30分には立江寺に到着。 この赤い橋は前回撮った。ここから出発。

  民宿「鮒の里」に荷物を置いて、2時半ごろから歩きだした。天気予報では雨だったが、それほどひどくはない。
時々傘をさすていどだった。これぐらいが歩くにはちょうどいい。日が照ったら暑くて仕方がないだろう。
舗装の道を12キロほど、3時間で鶴林寺の登山口に到着。
 歩き遍路は登山口にある民宿の「金子屋」に泊まることが多いそうだ。しかし連休中の本日は満員。
       それを予想して「鮒の里」に予約しておいた。ご主人に車で迎えに来てもらう。 
八幡神社のご神木  櫛淵小学校の先の峠。 
採石所:後始末をしろよ!  鶴林寺山:頂上近くに札所がある。 
 
■登山口に近い道の駅にはもう一人若者が迎えを待っていた。連休なので「鮒の里」も満員のようだ。まだ歩きなれていないので、平地なのにかなり疲れた。明日は雨の予報。これから先は、「第二のへんろころがし」、山での雨は危険が伴うので、行くか休むか思案のしどころだ。
■ 歩数は16500歩、標識では11キロだったが、もう少し歩いた感じだ。明日の朝食は5時。8時には就寝。
直線上に配置
前へ 札所一覧 HPへ 次へ