本が出ました。

走り旅表紙背書き文字入稿用.indd『ちょっとそこまで走り旅』という本を上梓しました。(上梓という言葉を初めて使った!)2015年11月25日に発刊です。表紙は上のとおりで、かなりしゃれた本です。我が家を出て、紆余曲折芭蕉風のオヤジがはるかかなた雲の中に何かを見つけに向かっているところです。でも行った先には・・・

中身はまあいつもの走り旅(ジャーニーラン)です。シャカリキの走りではなく、ママチャリでトロトロ、キョロキョロ走りまわっているイメージです。1500円+税=1620円

この本を読んでも、「マラソンで3時間で切る」などということはできません。膝や足の故障をどうしたらいいかも、まったく参考になりません。というのは私の走りでは故障をするような走りはまったくしていないからです。疲れたら休み、痛みが出そうになったらしばらくは走らない。大会に出ると頑張ってしまうので、参加しない。

最近は時速は2キロぐらいになりました。これじゃ東京マラソンの抽選にあたっても時間内にゴールできません。でもこれぐらいの遅さになると故障はしない、疲れない。その上にまわりがよく見える。今回の本は、ゆっくりとまわりを見ながら走った(歩いた)記録です。「ちょっとそこまで!」と言いながら、オーストラリアのウルル(エアーズロック)やトルコのエーゲ海岸を走っています。でも私にとっては、旅行の「ちょっと合間に!」という感じで走っていました。

創文企画という零細出版社(社長さんごめんなさい!)なので、どこの本屋さんにあるわけではありません。そこでお願い。お買い求めは次の方法で!

1.創文企画のホームページ http://www.soubun-kikaku.co.jp/  をクリックして「ちょっとそこまで走り旅」を見つけてクリックする。その下の方に注文方法があります。送ってほしい住所を書いて送ると、2,3日後に本が送られてきます。支払いは郵便振替が同封されていると思いますので、郵便局などで払って下さい。

2.アマゾンから購入する。「Amazon 三輪主彦」 をクリックすると、Amazon のページが出てきて、その一番最初に画面がなくて「ちょっとそこまで走り旅」というのが表示されています。未入荷、しばらく待って下さいと 出てますが、購入するを選択すると、入荷したらEメールに返事をするという表示が出ますので、Eメールアドレスを入れて下さい。入荷したら連絡が来ます。支払いはカード決済か、コンビニ払いというのがあります。本はコンビニに届けてもらった方が確実ですね。通販でものを買うというのを経験したみたい方は試してみて下さい。

3.池袋ジュンク堂、神田三省堂、新宿紀伊国屋にはありました。もうないかも! なければ本屋さんに、「この本を取り寄せて!」 というのが一番確実です。

4.著者が「直接持ってこい!」 という注文にも応じます。何時になるかは分かりませんが、世界中どこでも持っていきます。・・・・来年はスコットランド付近に持っていこうか。シンガポール、バンコックにも配送しようかと思っています。

本が出ました。” への2件のコメント

  1. お久ぶりです。あらためてあけましておめでとうございます。
    池袋ジュンク堂で「ちょっとそこまで走り旅」購入
    して来ました。来週から八甲田山ですので車中ゆっくり読ませたいただきます。
    今度は戸隠・鍋倉山でご一緒させてください。
    今年もよろしくお願いいたします。

  2. 投稿では初めましてになりますが、かつて三輪先生の授業を受けていた生徒の一人です。
    度々こちらのサイトは拝見していたもののコメントを残す勇気はなく、ただブログを覗かせていただくだけでした。
    ですが、著書を出版されたとのことでお祝いを申し上げたく初めてコメントを残させていただきます。
    この度はご出版おめでとうございます。
    私が三輪先生の授業を受けていたのは先生が退職される前の1年間だけでした。
    主に出席日数の面で先生が何かと気にかけてくださったことを15年以上経った今でもよく覚えています。
    あの時は伝えられずにいましたが、当時から抱えていた双極性障害との闘病生活を今でも続けています。
    その生活の中で先生のブログを拝見するのはささやかな楽しみでした。
    まだ私の体では先生のように自由に旅をすることはできませんが、寛解期に入ったら私も旅を楽しめるようになりたいです。
    それまでは先生のブログや書籍を読んで旅の追体験をさせていただこうと思っています。
    長々と失礼しました。
    これからも一層のご活躍を祈念いたしております。

まい にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です